その塗料で大丈夫?外壁塗装に最適な塗料を紹介します

Painting

Painting

塗料の特徴と施工のタイミング

ローラー

細かい部分の塗装が得意なウレタンと耐久性に優れたシリコンの特徴

京都で最も古い歴史がある専門業者は、性質が柔らかく扱いやすいウレタン塗料を使用することが多く、耐久性や性能はシリコンより劣るものの年に数回のメンテナンスで8年から10年持たせることができます。価格も安いので、京都の業者では多くが指定する人気塗料です。一方、外壁塗装で使用される塗料より価格が安く、外壁を守れるくらいの強さを持つのがシリコンの特徴です。雨水や泥による汚れが付きにくく、特別なメンテナンスをしなくても、常に美しい状態をキープできる他、近年はシリコンをベースとした様々な種類が登場し、さらにグレードアップした塗料で各住宅に活用されています。ただ外壁塗装に使う塗料は、住む地域の気候に左右される部分があるため、京都にある専門業者の目で実際に外壁を見てもらい、施工に最も適している塗料を提案してもらう方が確実かもしれません。

タイミングを狙おう

外壁塗装に使う塗料の耐久性はそれぞれ違いますが、メンテナンスや環境で短くなったり長くなったりします。例えば、湿気や雨が多い地域、もしくは太陽の日差しが強い場所は、色があせたりチョーキングがみられるようになります。さらに、雨風や直射日光の影響で劣化したまま放置すると外壁が腐食してしまい見た目はおろか、粘膜の剥離が剥がれたことで雨漏りを引き起こしやすい状況になるでしょう。もっとひどくなるとひび割れが発生し、カビが大繁殖する不衛生な家になり、早急に施工を依頼する他ありません。こうした事態を防ぐためにも、各塗料の耐久性を目安にして塗り替える時期を把握することが住宅の健康を守ることに繋がります。

外壁塗装をする人はチェックしておこう

塗装

業者選びの極意

外壁塗装を行う業者の中には、不親切で悪徳な商法に手を染めるところもあります。高い施工費用を支払うなら、質ともに、お客さんを一番に考えてくれるところが良いでしょう。このページでは、業者選びに必要なポイントを紹介しているので、躓いた時にぜひ活用してください。参考にすれば、悪徳業者に引っかかる心配はなくなるでしょう。

READ MORE

ギモンを解決してから依頼

疑問や不安が残った状態で外壁塗装を依頼すると「ああしていれば良かった」と後悔する羽目になります。多く寄せられるQ&Aを見て、もやもやを解消してから考えましょう。

みんなのギモン

塗料に寿命は存在しますか?

はい、存在するので、塗り替え時期がきたら施工を検討する必要がありますよ。例えば人気のシリコン塗料は最大で15年ですが、それを過ぎるとカビや白い粉が出るなどのトラブルが相次ぎ、外壁本来が機能しなくなる可能性があります。

防水の役目を果たしますか

外壁塗装委に使う塗料で違いますが、老朽化に伴い塗りなおした場合だと雨漏りを引き起こす心配はないでしょう。もし屋根部分を補強するのであれば、外壁塗装だけではなく屋根塗装にも力を入れている京都の専門業者の利用を考えてみてください。防水加工に最も優れている方法を提案するでしょう。

アフターケアーはありますか?

補償の範囲内であれば、施工のやり直しをしてくれるところもありますが、それとは関係なく希望があれば施工をしたり、外壁塗装後のアドバイスを受けたりすることも場合によってはできます。詳しくは施工の依頼をする専門業者に尋ねてみましょう。

[PR]

京都の外壁塗装ならココに決まり!
自宅の劣化を防ぐことが可能★
広告募集中